新しいニュース

関連情報

最近急増中の離婚原因「モラハラ」

最近の離婚問題で急上昇のキーワード、それが「モラハラ(モラル・ハラスメント)」です。
ここ数年で市民権を得た離婚原因と言っても良いかもしれません。
簡単に言ってしまえば精神的な暴力という意味です。
モラハラという言葉が出来る前から、これらが原因で離婚した夫婦はたくさんいると思います。

モラハラの最大の特徴は精神的な暴力、つまり精神的にパートナーを追い詰めることを指します。
例えば、生活費を渡さない。
これは経済的にパートナーの自由を奪う行為であり、立派なモラハラに値します。

モラハラを与える人の特徴として、外面が良く常に周囲の目を気にしている傾向が強いです。
このことから、一見仲が良い夫婦でも実は家庭内でモラハラが行われているというケースが多いです。
なので離婚に踏み切ると、モラハラを受けている方が「わがまま」だと言われてしまうケースも多いようです。

特に女性はモラハラを受けやすい傾向にあります。
男性の方が固定概念が強く、女性はこうあるべきだと抑えつける人がいます。
しかし、離婚という事実を避ける為に耐え忍ぶしかなかない時代もあったと思います。

現在はそのような認識も薄れていますし、実際に離婚も珍しいことではありません。
もしモラハラという言葉にピンときた人であれば、きちんと状況を把握し、難しいと思った時点で一刻も早く離婚するのをおすすめします。

特にモラハラを与えている人は、与えている意識が薄いです。
改善の余地が少ないのは、罪の意識が皆無だからと言えるでしょう。
理解させることができれば良いのですが、もし無理であれば離婚するタイミングを見計らってみましょう。

浮気の対処法離婚前の別居

離婚問題情報

サイトインフォメーション

(C) 離婚救急隊 All rights reserved.